PR

育毛剤は効果がない?育毛剤を正しく理解するためのポイントとは?

驚愕の臨床実験を公開!最強の育毛剤はこれだった!
【PR】
・あれ、なんか最近排水溝に髪の毛が。。
・生え際が後退している?
・なぜかおでこに視線を感じてしまう。

全て私の恐怖体験ですが、
同じ悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

このままじゃいけない!と思って育毛剤を調べてみても、たくさんあってどれを選べば良いか分からないし、
効果がないっていう噂もちらほら。。

じゃあ発毛剤とかAGA治療はどうだろう?と思って調べてみると、
副作用に性欲減退・勃起不全の文字が・・

男の楽しみがなくなるというのか。。

そんなの絶対嫌ですよね?(私は絶対嫌です!)
しかも初期脱毛も症状として出る可能性もあるし、保険適用外だから費用もかかる。。

そこで今回は髪の悩みを解決するべく、育毛剤と発毛剤との違い育毛剤の成分等について徹底的に調べたので解説します。

また、臨床実験で証明されたきの成分を含む育毛剤を見つけることができたのでぜひご期待ください!

育毛剤と発毛剤の違い

まず育毛剤は「医薬部外品」で、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されています。
一方発毛剤は「医薬品」で、厚生労働省が成分の効果を認めたもので、病気の治癒を目的とした薬です。

また、育毛剤は髪の治療ではなく薄毛や抜け毛の予防をする役割を担っていますが、
発毛剤はその名の通り発毛の効果に期待できる医薬品で、主に脱毛症の治療薬として処方されます。

育毛剤発毛剤
分類医薬部外品医薬品

用途

薄毛・抜け毛の予防薄毛の治療
対象健常な方壮年性脱毛症の方

育毛剤は抜け毛等の予防で髪が生えるわけではないけど、
発毛剤なら髪の毛が生えるからこっちの方がいいじゃん!

って思う方もいるかと思います。

ただここで一つ注意点が。。
発毛剤を使うと副作用が生じる可能性があります。
症状には個人差があるため一概にいえませんが、一般的には発毛剤に含まれるミノキシジルによって
・頭皮のかゆみ、かぶれ発疹
・動悸や息切れ
・頭痛
・めまい
などの副作用が生じる場合があるといわれています。

よくミノキシジルは発毛効果が実証されて髪の毛に良いって聞きますが、デメリットもあるので使う際には注意が必要です。

また風邪薬やアルコールとも併用はNGなので覚えておいてください。

育毛剤の成分について

 

ミノキシジルは発毛の効果があるけど、副作用が怖い。。
ちなみに具体的な発症率については、厚生労働省が調整したデータでは約9%と報告されています。(結構確率高いですね。。)

副作用発現症例は3,072例 中271例 (8.82%) 、 378件 であった。

引用元:厚生労働省「ミノキシジルのリスク区分について」

となるとやっぱり成分って大事ですよね。

なので育毛剤の成分について解説します。

悩み成分の例効果
抜け毛が増えている・ニンジンエキス
・センブリエキス
・頭皮の血行を良くする
・髪に栄養が届きやすくなる
髪にハリがない・チャ葉エキス
・グリシン
・髪の成長をサポート
かゆみやフケが出る・グリチルリチン酸2K
・カミツレ花エキス
・頭皮の保湿
・かゆみや炎症を抑える
においやベタつきが気になる・セージ葉エキス
・カキタンニン
・頭皮のにおいの予防
・皮脂分泌の抑制

上記の成分を含んだ育毛剤を選べば間違いないです。
と言いたいところですが、
成分について細かく調べていたらとんでもない成分を見つけてしまいましたので報告します。

ミノキシジルの2倍の効果!?副作用は?

とんでもない成分というのが、薄毛治療に絶大な効果があると言われているリデンシル
日本での実験は探しても見つからなかったため、本当に効果があるのか後ほど海外の実験結果や考察を含めて紹介します。

そもそもリデンシルはスイスの化粧品メーカーであるインデュケム社によって開発されました。
世界中から最新の化粧品原料や技術が集まる展示会「インコスメティックス」で2014年に銀賞を獲得。世界中から注目を集めることになります。


(インデュケム社はその後、2015年に世界最大の化粧品基材の企業ジボダン社に買収されました。よっぽどすごい技術と成分だということがわかりますね。)

このリデンシルですがリデンシルという成分(単体)があるのではなく、
・セイヨウアカマツ球果エキス
・チャ葉エキス
・グリシン
・亜鉛
の4つの成分をまとめたものになります。

また、リデンシルは天然由来成分で構成されているからか、副作用の報告がありません

そしてこのリデンシルがミノキシジルの2倍もの効果をもたらすのです。
続いて実験について解説します。

リデンシルの実験について

紹介する実験はリデンシル1%のローションが毛包(頭皮の内側で毛根を包んでいる皮膚組織)をどの程度成長させるかをミノキシジルと比較したものです。

AGA症状が出ている男性の毛包を採取し、
①リデンシルが入っている培養液
②ミノキシジルが入っている培養液
③何も入っていない培養液
に浸して7日後と10日後の毛包の成長を確認。

引用:脱毛症の男性の毛髪に1%ミノキシジル・リデンシルを投与し毛包の成長を確認した
(エビデンス出典:インデュケム社「Redensyl® technical presentation」)

結果としては、リデンシルは何も入っていない培養液と比較すると+214%も毛髪を成長させました。
上のグラフの通りミノキシジルは+118%でしたので、リデンシルはミノキシジルの2倍の毛髪成長効果があるということになります。

臨床実験で衝撃の事実が!?

先ほどの実験からリデンシルの方がミノキシジルよりも2倍効果があるという結論にいたりましたが、実際に人で試してみないとわからないことも多いですよね。

そこで次は臨床実験のデータがありましたので紹介します。

・対象者
18~70歳の男性26名(AGAの段階は3~4)
下の図の赤線で囲った範囲が対象
・方法
半分の13人にリデンシルを含むローションを渡し、もう半分の13人には何も入っていないローションを渡す。
対象者は3か月間にわたって毎日ローションを頭全体に塗布。

・結果
【髪の割合】
何も入っていないローションを使った人達はほとんど変化はありませんでしたが、リデンシルを含むローションを使った人達は3か月後には髪の毛の割合が9%増え、抜け毛が17%も減少しました。

 

【見た目の変化】
85%の臨床実験者が3か月後には成長期の髪が増え、密度が上がり髪の毛が太くなりました。

写真からみても明らかなように、3か月で髪の毛が成長しているのがわかるかと思います。

これが最強の育毛剤!もう薄毛で悩まない

いかがでしたでしょうか?

リデンシルが髪の毛を成長させるのにどれだけ効果があるかがわかっていただけたかと思います。
最後に日本で唯一リデンシル公式認定マークを取得している育毛剤があるので紹介します。
それがREDENです。
リデンシルの原料メーカーが推奨している濃度は3%なのですが、
REDENはリデンシルを最適な濃度である3%で配合。
なんとリデンシル原料メーカーから「リデンシル最適配合育毛剤」認定されました。
薄毛に効果があるとされているミノキシジルの2倍の効果があるリデンシルが最適な濃度で配合されています。

これだけ効果が実証されて、多くの方の髪を救った育毛剤は他にありません。

あの時REDENを試していたら、もっと髪があったのに。。
後悔しても髪は生えません。
一度しかない人生、絶対に後悔しないように今この瞬間から始めましょう。

REDENで抜けない髪へ!

記事作成者に聞きたいことがある方はこちら
友だち追加
freelifeblog