PR

未経験でも年収450万円以上の会計事務所に転職したい方必見!

未経験でも年収450万円以上、残業時間20時間以内のホワイト会計事務所に転職する方法とは?
転職
エージェント
総合評価特徴公式サイト
ヒュープロ
5.0求人数No1の5,500件詳細
MS-Japan
4.4管理部門に強み詳細
マイナビ税理士
4.0有資格者の求人多数詳細
人材ドラフト
3.8地方に強み詳細

「会計事務所に転職したいけど、未経験だと給与が安すぎる。。」
「まずは修行だと思って、固定残業代には目をつぶるしかないか。。」

確かに会計事務所は専門性が求められるため、未経験者には厳しいと思っている人が多いと思いますが、実際転職することは難しくありません。

しかし、給料も比較的良くて、残業時間も少ないホワイト会計事務所に転職できるかどうかは別問題です。

以前と比べると働きやすい環境にはなりましたが、まだまだブラックな業界であることには変わりありません。
(求人票と給与や労働時間が違った・・なんてこともしばしば)

おそらくこの記事を読んでいる方の中にも実際に経験されたことも多いでしょう。

そこで活躍するのが転職エージェントです。
今、転職エージェントの認知度も高くなり多くの人が活用しています。

そこで今回は会計事務所に強い転職エージェントのメリット、デメリット、使った方が良い人の特徴などについて解説します。

1.転職エージェントとは?

転職エージェントは求人紹介から、履歴書と職務経歴書の添削、面接対策、給与などの労働条件の交渉までを一貫してフォローしてくれます。

また、転職希望者はエージェントを介して、求人者側とやりとりするので、面接では聞きづらい残業時間や離職率なども確認できます。

エージェントを利用すると求人媒体よりも詳しい求人情報を提供してもらえるのでミスマッチが減らせるのも大きな特徴です。

求人企業が独自の条件で募集している非公開の求人情報に応募できるのもエージェントを利用するメリット。

将来的なキャリア形成まで考慮してくれるなど、 転職希望者は不安を感じることなく転職準備を進められます。

2.転職エージェントを利用するメリット

・自分1人では探すことができないような優良会計事務所に転職できる
・職務経歴書を添削してもらえる
・面接では聞けない残業時間や離職率も確認できる
・キャリア形成の相談もできる
・税理士業界の裏側も教えてもらえる

転職エージェントを利用すると、そのエージェントしか紹介できない優良な非公開求人まで応募することが可能です。

非公開求人は会計事務所の中でも人気が高い会計事務所が多数の応募を避けて選考の手間をかけないために利用したりするので、自然と優良な求人が集まります。

また、面接では聞きにくい残業時間や離職率も確認できるのも大きなポイントです。

求人票だけではわからない情報もエージェントなら教えてくれるので、積極的に転職活動に利用しましょう。

3.転職エージェントを利用するデメリット

・エージェントの質に左右される
・自分に合った求人を紹介されない

エージェントを利用すると、非公開求人など優良な会計事務所に転職できる可能性が高くなる一方で、エージェントによってはなんらかの理由で人気のない会計事務所を紹介されることもあります。

例えば、ブラックで有名な会計事務所などは一般で募集をしても人が集まらないため、エージェントに依頼して「紹介料を高くだす代わりにうちを紹介してくれ」と言った感じで依頼しています。

こういったデメリットもありますが、ランキングで紹介しているエージェントはそういった報告はないので安心してご利用ください。

4.転職エージェントを利用すべき人

・転職活動に時間をかけずに優良な会計事務所に転職したい人
・ワークバランス重視など、自分の希望に合った会計事務所に転職したい人
・自己流でやって転職活動がうまくいかない人
・転職で絶対に失敗したくない人
・社内の雰囲気や離職率などの情報も事前に知りたい人
・給与交渉など自己アピールが得意ではない人
上記に当てはまる人は転職エージェントに登録しましょう。
特に社内の雰囲気や離職率は転職先を決める上で、重要な指標になります。
業務中はいっさい誰も話さず、聞こえるのは電話対応の声やキーボードをたたく音だけといった職場もあります。
そういった職場に転職してしまうと、経験豊富で一人で業務を進められる人は問題ないですが、そうでない人にとってはわからないところも聞けない悲惨な状態になります。
そうならないためにも転職エージェントを利用して、会計事務所の雰囲気や離職率などを聞いてある程度入社する前にどんな会社かを把握したうえで面接にのぞみましょう。

5.会計事務所おすすめ転職エージェントランキング

最後に会計事務所おすすめエージェントランキングを紹介します。
どの就活エージェントも厳選された就活エージェントで、1人1人に寄り添ったサポートをしてくれますので、本当に自分に合った会計事務所に就職できます。

比較検討も就活ではとても大事なので、
こちらのエージェント2~3社ほど登録して、周りのライバルに差をつけて有利に転職を進めましょう!

1位ヒュープロ

ヒュープロの特徴
・求人数業界トップクラスの5,000件超
・ヒュープロでしか得られないリアルな情報が知れる
・求人紹介から内定まで約3週間
・リモート勤務OKや未経験者OKの求人多数

ヒュープロは会計事務所・税理士法人に特化した転職エージェントで、求人数は全ての転職エージェント・転職サイトの中でも群を抜いており5,000件以上。

また、税理士による評判や口コミも良いものが多く「会計事務所に転職するならまずはヒュープロ」と言われるくらい多くの人が利用しています。

リモート勤務や未経験者向けの求人も多く、1番おすすめの転職エージェントです。

<口コミ>

転職活動が初めてで不安でしたが、最初から最後まで丁寧にフォローしていただき、無事に内定をもらうことができました。
担当の方は、私の希望やスキルをしっかりと理解し、条件に合った求人を紹介していただきました。また、面接対策もしっかりしていただき、自信を持って臨むことができました。
転職活動は不安なことも多いですが、このエージェントを利用すれば安心して進めることができると思います。本当に感謝しています。

やりたい職種は絞れているのに、他の転職サイトではエントリーしても内部選考にすら通らず、ヤキモキしているところに出会いました。
登録して1週間で現職に決まり、今は毎日充実しております。
電話での希望業種・職種のヒアリングや、面接対策の面談など手厚く対応していただきました。
やはり餅は餅屋だなと実感いたしました。
次(はできればない方向でいただきたいものの)も利用したいと思います。

ヒュープロに登録してみる

2位MS-Japan

MS-Japanの特徴
・管理部門に強い
・求人数はヒュープロに次ぐ2番目に多い
・コンサルタントの質が高い

MS-Japanは、管理部門を得意とする転職エージェントで、その中でも会計・税務系の求人の割合がとても高く、会計事務所の求人数も多いです。

また、業界に特化しているためコンサルタントの質が高く、安心して転職活動を行うことができます。

<口コミ>

4月からの転職に向けて、1月上旬に相談しました。
登録後すぐにキャリアアドバイザーの方との面談を組んでくれたり、求人を紹介してくれたりと、他社と比べてスピードが速く、スムーズな転職を希望していた自分としては助かりました。
簿記2級を取得してからの活動開始を勧められたので、実際に活動を始めたのは2月上旬からでしたが、
自分の希望する業種を中心に、それ以外の求人も紹介してくださったので、その中で早々に、自分の価値観とマッチする企業と出会うことでき、3週間もかからず、内定をいただけて感謝でした。

未就業の自分でも温かく接してくれてPCでの履歴書作成のサポート、自己PR書の作成のサポート、面接練習など沢山サポートして頂いて誠にありがとうございました。ms-japanを利用して優しく頼れる素敵な担当者様に出会えて本当に良かったです。
自分自身もms-japanの担当者様みたいな相手に頼りたい存在であると思われる様な人物になりたいと思いました。
そのような人物像を目指したいと思う心のサポートまでしてくれるのはms-japanだけだと思います。
ms-japanを利用して本当に良かったです。ありがとうございました。

MS-Japanに登録してみる

3位マイナビ税理士

マイナビ税理士の特徴
・大手の税理士法人の求人に強い
・税理士資格保有者の求人が多い

マイナビ税理士は税理士資格保有者や複数科目合格者に強い、どちらかと言うと上級者向けの転職エージェントです。

なので、大手の税理士法人の求人が多くなる傾向にあります。
経験もあり、資格もそろっている人にとっては相性が良いエージェントと言えるでしょう。

<口コミ>

前職は、女性に対するあたりが強かったので、次職はもっと働きやすい職場を希望しました。マイナビ税理士のキャリアコンサルタントは、わたしの抽象的な希望もしっかりと変わりに言葉にしてくれて、希望通りの転職活動をアシストしてくれました。年齢も年齢だったので、あまり無駄な時間を使いたくなかったですが、マイナビ税理士で効率的な転職活動を進めることができたと思っています。

税理士資格だけ持っていたものの、実際に税理士のキャリアがない私にも、マイナビ税理士のキャリアコンサルタントはしっかりと相談に乗ってくれました。ろくに就職活動も転職活動も経験がなかったので不安いっぱいでしたが、やっぱり相談相手がいるのは心強いですね。

マイナビ税理士に登録してみる

4位人材ドラフト

人材ドラフトの特徴
・求人側からのスカウト制度がある
・地方の求人が多い
人材ドラフトは会計事務所、経理、財務の求人に特化した転職エージェントです。
また、地方の会計事務所事務所の求人が多く、Uターン・Iターンにも力を入れています。
求人票に写真が多いので、事務所の雰囲気を知る一つの手がかりになります。
<口コミ>

大学卒業後、2年ほど税理士試験の受験をし、簿財の2科目に合格してから会計事務所に就職した。
しかし、「税理士試験の勉強をしながら仕事ができる会計事務所」は当時少なく、妥協した就職先であった。
その後は法人税・消費税に合格し、もっと自分を評価してくれる税理士法人へ転職した。
人材ドラフトでは、税理士系の求人が多いように感じ、ヒマな時に求人検索を使っていた。
興味のある求人があればエージェントに問い合わせ → 詳細を聞く、という形で使わせてもらった。
キャリアプランの提案などはなかったが、求人を気軽に探せるという点では評価できる。

実家が税理士事務所を経営しており、将来自分が継ぐことになるため、修行のできる会計事務所を探した。
また、実家が地方にありクライアント規模が小さいことから、同様に地方での会計事務所を探していた。
人材ドラフトには、比較的地方の会計事務所の求人が多く感じ、結果的に人材ドラフトから転職を決めた。
サービス面で多少の不安はあったものの、転職結果には満足している。

人材ドラフトに登録してみる