PR

もう速読の時代は終わりって本当?瞬読で人生が好転した人多数

従来の速読では限界があった!
速度を上げて記憶を定着させる方法とは? 

 【PR】

・いろんな速読法を実践してみたけどどれも効果なかった💦
・本を早く読めるようになって今よりもっと多くの本を読みたい
・仕事で結果をだしたい
・資格の取得に速読を活かしたい

速読をマスターして、
難関資格に合格したり、もっとたくさんの本を読んで有意義に過ごしたり、仕事で結果をだしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

実は、私も速読にあこがれて多くの速読法を試しましたが、
ただの”眼球トレーニング”だったり、斜め読みして”読み飛ばすだけ”だったりでどれも上手くいきませんでした。

そんな私でしたが、ある方法に出会ってからは難関国家資格である税理士試験に合格したり、今まで多い月で100時間近くあった残業時間が約半分に減り、鬼上司に認められたり人生が好転していきました。

そこで今回、1人でも多くの人にこの方法を知ってもらい、たった一度の人生を後悔なく有意義に過ごしていただきたいと思ったので紹介します。

1.速読のコツは?

一般的な速読は視線の移動速度を速める方法で、眼球を動かす筋肉を鍛えるだけなので、読むスピードが速くなっても3~5倍が限界とされています。

またこのレベルまで到達するのに、早くても半年はかかります。
当然私はなんども挫折し、あきらめかけました。

しかし私が今実践している「瞬読」(速読の一種)は、ただの飛ばし読みや眼球の動きを速くするのではなく、イメージしながら脳で読む方法。

そして瞬読のコツは脳の使い方にあって、とにかく右脳を意識して読む必要があります。

私たちは左脳を日常的によく使います。
言語や計算など“論理的”思考をする際に機能するので、特別に意識することなく使っています。

一方、右脳は芸術性や創造性、空間認識など“直観的”思考をする際に機能するので、日常的に使うものではなく、多くの人はほとんど使えていません。

瞬読では右脳で速読をするので、普段使わない方の脳を使うため伸び幅が大きく可能性も無限大にあります。

データでも見てみましょう。

速解力検定という速読のスピードを測る検定がありますが、最上級である5段でも2,100文字/分です。

もちろん最上級ですのでこの数字も素晴らしいです。

一方、瞬読の訓練をして成長した人たちの実績はこちらです

当然個人差はありますが、従来の速読とは段違いで1分あたりに把握できる文字数が増えています。

右脳を活性化させることで、速読はもちろん記憶も定着するので、受験勉強や資格試験などにも役立ちます。

現代はコスパと共にタイパ(タイムパフォーマンス)も重要視されているので、瞬読は現代における必須のスキルです。

2.瞬読の評判

【良い評判】

瞬読のトレーニングを始めてから、本を読む時間が1冊5〜10分になったので、ものすごく多くの本を読むことができるようになりました。
今までは、1冊読むのに通勤電車の中で20〜30分ずつ一週間かけて読んでいたのですが、瞬読に慣れてからは、家を出る前に一冊読んで、電車の中でその本についての考え事をする時間にあてています。
瞬読で本を読めるようになると、内容についても、とても数分で読んだ本とは思えないほどに中身が頭に入ってきますし、もし忘れてしまっても必要な本をすぐに読み返せばいいやと割り切って読めるので、年に数冊だった読書量が週に数冊に増えました。
また瞬読をしていると右脳が活性化している感じがして、記憶力が良くなったり漢字がすらすら書けたりと、単に読書量が増える以上の効果を実感しています。
人生をより豊かにできる瞬読を知ることができて、本当に良かったです。
おすすめですので、ぜひ騙されたと思って試してみてください!
(40代 男性 会社経営者)

本は、魔法。 本は、心を映す鏡。 本の中に、私を見つける。
瞬読に出会って3週間。 10,000字/分くらいで読めるようになったので、1日1冊のペースで、新しい本と丁寧に向き合うようになりました。
毎日鏡に向かって肌の手入れをするように、毎日本を開いて心をふかふかに育てています。
読んだ本の感想をブログにアウトプットしていたら、それを見て共感してくれる仲間が増えたり、仲間が増えることで自分の世界がどんどん拡大して、人生がとんでもなく面白くなってきてます!
「本を速くたくさん読めるようになる」それだけでも充分に素晴らしいことですが、私にとっての瞬読の最大の魅力は、「そんな速く読むなんて、あり得ない!」から「そんな速く、読めるんだ!」に変えられるところ。
つまり「多くの人が不可能だと信じていること」を「可能」にひっくり返せるということです。
「自分の可能性を制限することなく、望む人生を創造していける。」そんな風に思える人が増えたら、世界はもっと面白くなりますね♪
瞬読には人生を変える力がある。本当にそう思います。
(PETERSOX マネジャー 岡崎 様)

社会の暗記がしやすくなったり、国語の問題が早く読めるようになり、考える時間が増えたので、テストの点数があがりました。
あっという間に1冊読んでしまうので本を買ってもらえなくなりました…。
勉強だけでなくほかの習い事(バレエ・ピアノ)にも効果があらわれてきて、振り付けや、楽譜をすぐに覚えられるようになったので、驚きました。
瞬読をはじめて本当に良かったです。私の変化を感じ、姉も通い始めました!!
(中学1年女子)

【悪い評判】

頭の中に具体的なビジュアル、イメージを高速で作りながら読む…ってな感じの内容ですかね。
そんな事は普段からやっているし、そんなに高速でイメージなんか出来ません。
私には役立たずな内容でした。

この本を読んだだけでは、読書スピードは、ほとんど変わりません。気をつけてください。読書スピードを上げたいのではなく、瞬読とは何か知りたい人にはいいかもしれません。

この本買って読んだだけでは読書スピードは何にも変わらなかった。

瞬読のZOOM体験会に対する悪い口コミはなかったので、シリーズで28万部を突破している本に対する口コミを紹介しました。

やはり本を読んだだけでは習得できないのが瞬読です。

ZOOM体験会に参加してみて、実際に体感しないとそのすごさはわかりません。

レッスンを受けた5,123人中5,087人の方が読書スピード2倍以上に上がった瞬読ZOOM体験会はこちらから

瞬読ZOOM体験会詳細

3.瞬読に向いていない人

続いて、瞬読に向いていない人の特徴を紹介します。

・すぐにあきらめる人
・マイナス思考すぎる人

瞬読というスキルを身に付けるためには、最低でも2週間はかかります。
「本読んだらすぐにスキルが付く」
「3日やってみてもダメだった」
といったような方は当然身に付きません。

自動車免許にしても受験勉強にしても、テキストを読むだけではだめで、正しいアウトプットをしないと上達しないはずです。

本を読んだだけでは、自分なりの解釈になってしまい、正しいアウトプットができていない可能性が高いので、説明会で質問や実践を通じてスキルを身に付けましょう。

また、すぐにあきらめると同時にマイナス思考すぎる人も向いていません。

右脳のトレーニングという、今まであまり使っていなかった脳を使い、新たな可能性に挑むので、そう簡単にはいきません。

そこで
「どうせ俺は何をやってもダメだから」
みたいに常にマイナス思考でいると、身に付くはずのものも身に付かなくなってしまいます。

ぜひ、自分の新たな可能性を探るためにも前向きにスキルの習得に力を入れましょう。

瞬読に遅すぎるなんてことはありません。
65歳から始めた方でも驚異的な実績を残しています。

瞬読体験会で効果を実感する

4.まとめ

速読のコツや速読を習得するのに向かない人の特徴などを紹介しました。

瞬読は今まであまり使われていなかった右脳を活性化させる新しい速読の方法です。

瞬読は早く読めるだけでなく、きちんと記憶を定着させることができるので、学生さんはもちろん資格試験に挑戦中の方や、今よりもっと多くの本を読みたい方にとっては必須のスキルです。

また、さきほどの65歳の方でも効果が実証されたように、瞬読を習得するのに遅すぎるということはありません。

しかし今すぐ始めれば、それだけ早く周囲と差をつけることができますし、自分の人生が有意義になるのは言うまでもないです。

仕事をするにも文字を読むのも遅くて良いことは何もありません。

試験などで時間切れになって悔しい思いをしたことはないですか?
仕事をしていてももっと早く資料に目を通せたらな~と思うことはありませんか?
限られた時間の中でもっとたくさんの本を読みたいな~と思ったときはないですか?

ぜひ今から瞬読を始めて、人生をより豊かなものにしましょう!

瞬読で人生を有意義にする

freelifeblog